キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
株式会社ネイチャーズチェストジャパン
有機モリンガ・オイル・通販|株式会社ネイチャーズチェストジャパン

生命の木『モリンガ』のできるコト

 

最近たくさん耳にするようになった『モリンガ』だけれど、産地、

形状、飲み方によって、効果や効能、何かが違うの?というご質問を良く頂きます。

 

今日は、産地によっての違いは?という疑問にお答えします。

 

 

沖縄産?フィリピン産?国産?海外? 産地によっての違いは?

 

暖かい気候や、水気の少ない場所を好んで育つモリンガ。国内でも育ちます。

Nature's Chestのお客様も、モリンガを種から育てて下さっている方も多くいらっしゃるほど。

 

お客様のモリンガ。芽がでたよ。こんなに大きくなったよ?。のお声は、

いつでも嬉しいものです。

 

これまで、国内外様々なモリンガを食し触れてきましたが、同じモリンガでも違いは一目瞭然。

 

コーヒーはコーヒーでも育った環境やで製法で味が違うように、モリンガもそれぞれもつ個性があります。

 

Nature's Chestのモリンガ製品は、ハワイやフィリピンの海外で育つものを使ってますが、国内や他国のものと比較しても、緑色が綺麗ということ、味が飲み易いのというのが特徴です。

  

          

モリンガ,スーパーフード,モリンガ茶,モリンガパウダー,モリンガサプリ


比較をすると、

例えば 沖縄(石垣島産)は、緑色ががとても薄く、さらさらしている印象です。味も色味同様薄い印象。

反対に、ガーナ、タンザニア産は、緑色が濃く、硬い印象です。味も草感が強いです。

原産国のインドのものは、茶色に近いオリーブ色で、砂のような感じ。もはや、粉薬のような味わい..

 

(上記いずれも用途によって、特徴を生かして活用できたらと想っています。

Nature's Chestも、イベント時の製品や新製品開発に向けては、アフリカ産の濃い目の緑を生かして、使わせてもらったりしているんです。)

 

より多くのお客様の好みに合うよう『身体にいいけど、飲み易くて、美味しい!』をモットーに厳選。100%ピュアを誇るNature's Chestのモリンガパウダーの味を、まずは1度ご賞味下さいませ。